仙台市青葉区上杉2丁目にある針・灸専門の治療院です。ご予約・お問い合わせはこちら



脳血管障害後遺症に対する鍼治療

 脳梗塞や脳梗塞などによって

腕や脚が上手に動かせなくなるといった症状に対して

鍼治療は非常に有効な治療方法です。

具体的な効果としては、

運動に伴う痛みの軽減・消失

麻痺(まひ)した腕や脚の重だるさの軽減・消失

可動域の改善

などがあげられます。

とくに痛みや重だるさの軽減に関しては、

多くの患者さんが1回目の治療後すぐに実感されるものです。

可動域の改善に関しては個人差がありますが、

長年なかなか改善が見られなかった患者さんが

がんばって治療を継続してくださった結果、

大きな改善が見られるようになった例もあります。

中国では

脳血管障害の後遺症に対しては、

日本と比べるとかなり一般的に

鍼治療が行われております。

私が留学していた

天津中医学院(現・天津中医薬大学)の

付属病院でも、「醒脳開竅法」

という鍼の治療法を用いて、

脳血管障害の後遺症である

片麻痺(半身不随)をはじめ、

失語・構音障害・嚥下障害といった、

様々な後遺症に対して、

非常に大きな効果をだしています。

             

リハビリや今まで受けた治療などで

なかなか改善が見られない方も、

ぜひ一度当院で鍼治療をお試しください。