仙台市青葉区上杉2丁目にある針・灸専門の治療院です。ご予約・お問い合わせはこちら



様々な痛みに対する鍼治療

 五十肩やギックリ腰といった

比較的多く見られる疾患をはじめとして、

痛みという症状は多くの疾患でみられます。

中にはあまり耳慣れない疾患や原因がわからず

病名さえつけられないような場合もあります。 


実は「痛み」という症状は鍼灸の得意分野である

といっても過言ではありません。


これは「痛み」 に対する鍼灸の考え方が、

非常にシンプルであるためと考えられます。


鍼治療を受けたことのある方なら、

経験があるかと思いますが、

 おなかに鍼をして五十肩がよくなったり、

手に鍼をしてギックリ腰が治ったりといったように、

鍼灸の痛みに対するアプローチは、

非常に独特なものです。


その理屈をしっていれば、非常にシンプルなのですが、

知らない方にとっては、非常に不思議なことと言えるでしょう。


昔、中国では人の体には気がめぐっており、

その主な通り道として「経絡」という

体中をめぐる線路のようなものがあると考えていました。

これは敏感な人が実際に「気が流れている」と感じた場所をもとに

考えられたとも言われています。

この経絡を本来滞ることなくめぐっている気が、

なんらかの原因でうまく流れなくなってしまうと、

様々な症状が現れるというのです。

そのもっとも顕著なものが「痛み」という症状です。

したがって、中医学では痛みが発生するメカニズムを

「不通則痛」、つまり通じないと痛む

と説明付けています。


つまり「気」のめぐりをよくすれば、

痛みは解消されるということです。


そのために経絡という線路上にある

駅のような存在、いわゆる「ツボ」

と呼ばれるところに鍼をしたり、灸をしたりして、

気のめぐりをよくしようというのが

鍼灸治療の考え方です。


実際にこのような考え方をもとに鍼灸治療を行うと、

頭痛に対して足に鍼をしたり、

右手の痛みに対して左手に鍼をしたりすることで、

びっくりするような効果が現れるのです。


もちろん必要があれば、

痛いところに直接鍼や灸をすることもありますが、

それは往々にして、すでに慢性の症状となって、

気だけでなく、血のめぐりもわるくなってしまっている

状態になっている場合です。


では、どうして気や血のめぐりが悪くなるのかというと、

その原因には冷えやストレスをはじめとする

様々な原因があります。


 そういった原因を見極め、滞った流れを解消することで、

痛みを緩和させるだけでなく、

痛みが起こりにくい体作りをしていくというのが

当院での痛みに対する鍼治療の方針です。



.